Nebula

披露宴でのNebulaの活用例

Nebulaは置き方・色・光らせ方の自由度がとても大きいので、アイデア次第で様々な演出を作ることが可能です。
ここでは、披露宴でのNebulaを用いた演出の一例をお伝えします。

光で披露宴をトータルデザインする演出例

ゲスト卓に置くと使い方の自由度は広がる!

Nebulaはゲスト卓に置くと、ゲストを楽しませることもできます。
他にも、高砂や披露宴会場の様々な場所において光の仕掛けを作っておくことが可能です。

入場前①:普通のキャンドルと思わせておく

Nebulaは本物の炎のような光り方をすることが可能です。
新郎新婦が入場するまでの初めの状態は、以下のようにあえて「普通のLEDキャンドル」を装っておき、
後で色が変わった際の感動を倍増させるよう仕掛ける選択肢もあります


※動画は式場で撮影したものです。ご了承ください。

入場前②:ゲストを光でエスコート!

また、ゲスト卓をそれぞれ別々の色に光らせておいて、ゲストが自分の席を発見しやすくするための目印としてNebulaを使用する方法もあります。
席次表にもその色がプリントされているとわかりやすくてなお親切なエスコートとなります。

入場:音楽に合わせてランダムに色が変化

入場は音楽と共にNebulaが明るくポップ光る演出で楽しく演出することもできます。
拍手のテンポに合わせて光らせて、光と拍手の音が一体となる入場も素敵な演出になるかもしれません。

中座:エスコート役の指名にもNebulaが使える!

新婦や新郎が中座する際によくエスコート役を指名したりします。
この際に、Nebulaを用いてエスコート役がいる卓のNebulaを光らせて指名する事も可能です。
エスコート役の好きな色で光らせ、新婦とエスコート役が歩き始めたらその色で全体を灯すととても素敵なひとときになるかと思います。

 

再入場①:カラードレスの色当て演出

最近はカラードレスの色当てクイズのような演出が行われたりしますので、それに伴った空間演出も、Nebulaで実現することが可能です。
ランダムに光らせておき、扉が開いた瞬間すべてのNebulaをカラードレスの色に変化させることで、再入場の雰囲気を最高潮に持っていく演出です。

再入場②:光のキャンドルサービス

Nebulaの結婚式での活用~2つの特徴~」でも紹介したように、再入場後の新しいメイン演出として、「光のキャンドルサービス」をご提供しております。
テーブルラウンドをし、各卓のNebulaに光るスティックを用いて光を灯していきます。
ゲスト卓に灯す色は新郎新婦が自由に決めることができますので、「会社のロゴの色」や「サークルのチームカラー」など、ゲストの事を思った色を選択することで、

私たちのことを思ってこの色を使ってくれたんだ!

と、ゲストにも特別感をご提供することができ、カップル・ゲスト両方にとって満足度の高い結婚式となります。

 

お手紙の場面:しっとりとした水色で感動の雰囲気を演出!

クライマックスのお手紙の場面は、水色のような、その時の雰囲気に合った感情の色に灯すことで感動をさらに高めます。
強弱に光る速度をゆっくりにしてさりげなく光ることで邪魔をせず効果的に空間に一体感を持たせます。

光の演出アイテム「Nebula(ネビュラ)」

エンドロール:動画上映中は消しておく

新郎新婦が退場すると、エンドロールが流れます。
ゲストに動画に集中してもらうために、Nebulaの光はOFFにしておきます。
自由に消すことができるのも、Nebulaの強みの一つとなります。

アイデア次第で自分だけのオリジナルな光の演出が作れる!

Nebulaは自由のとても高い光の演出アイテムです。
アイデア次第で様々な活用方法があり、アイデア次第で様々な演出を作成することが可能です。
お客様の大切なひとときをお客様だけのオリジナル演出で彩ります。
お気軽にご相談いただけたらと思います。

▼次のページ:Nebulaを使っていただいたお客様からの声
▼お問い合わせ:お申し込みはこちら:お問い合わせ